企業業種紹介講演会平成19年度 報告

 在学生を対象に、本学の浜松キャンパスOBが、その企業業種ではどのような仕事をするのか、その仕事を行うにはどのような学問が必要になるか等について、企業体験を通して明解に答えてくれる講演会です。

本年度は下記の通り、7回実施しました。
企業業種紹介講演会は本年度をもって終了します。
来年度以降の開催は見送る事になりました。

聴講対象者:工学部・情報学部1~4年生、院1~2年生
講演時間:9から10時限目(16:05~17:35)
場所:佐鳴会館会議室

5月24日(木)
講師:村松高浩氏(58E)、鵜飼律之氏(57F)、内藤修一氏(92E)
【スズキ(株)】
題目:スズキの企業紹介と四輪車開発
スズキ株式会社の商品、業績、拠点等の概要紹介
四輪車開発
1.「エンジンの開発業務について」
2.「自動車の走りの性能開発に必要な専門意識、能力について」
3.「電装品の開発業務について」
5月31日(木)
講師:岩井和雄氏(94F)【イビデン(株)】
題目:イビデンの企業紹介と、求めるエンジニア像
1.イビデンの紹介
2.プラスチックパッケージに関して
3.企業の求めるエンジニア像
6月7日(木)
講師:中瀬道行氏(56C)【東レ(株)】
題目:東レの概要と経営戦略-プラスチックスの先端材料について
 東レは“Innovation by Chemistry”をコーポレートスローガンにChemistryを核に技術革新を追求し、先端材料で世界のトップ企業を目指しています。
基盤事業であるプラスチックスにおいても、情報通信・エレクトロニクス、自動車などの成長領域に向けて全く新しいコンセプトの先端材料の開発~採用が進んでいます。化学だけでなく、幅広い分野の技術者が活躍できる世界が拡がっています。
6月21日(木)
講師:鈴木貴久氏(人事)、廣瀬珠希氏(95U)、佐野泰之氏(2002M)
【(株)ユタカ技研】
題目:ユタカ技研という会社に就職して
世界中のHONDA車の排気コンバーター、ATトルコンを国内外16拠点で生産
・開発/生産技術/製造技術者の苦悩と喜び
・就職までに必要な自分づくりなど
6月28日(木)
講師:奥村秀生氏(52S)【日星電気(株)】
題目:機能電子部品メーカーの価値
日星電気は、高機能素材に電気、機械的付加価値を付け、自動車、IT、医療、ロボット業界等、多くの完成品メーカーに機能電子部品を供給しています。独立系部品メーカーとして、商権を掘り起こす苦労と喜び、特に技術担当となった技術者に立塞がる失敗という壁、その失敗を糧とし一握りの成功から製品化へと結びつけ、部品が組み込まれた完成品が市場に発売された時の喜びを伝えます。
7月5日(木)
講師:中村穣治氏(38E)、中村清治氏(98E)【松下電器産業(株)】
題目: 松下電器の企業紹介
-21世紀の松下電器と求める人材像および
システムLSIの設計を通じた先輩の活躍の姿ー
・前半は静大卒の松下OBによる、松下電器とは、21世紀の 松下の取り組みと求める人材像の紹介
・後半は静大卒の先輩技術者による、システムLSIの設計を通じた活躍の様子と後輩へのメッセージ
7月12日(木)
講師:長谷川裕昭氏(57C)【(株)FCC】
題目:動力伝達部品 -クラッチについて-
1、株式会社エフ・シー・シー 概要
2、「クラッチ」について:構造と機能
3、開発の流れ
4、開発の現場
5、現実:「無いものを生み出す」開発業務で求められるもの
6、終わりに:一人のエンジニアより

弊社は自動車部品メーカーであり、その業容は開発から製造、販売に わたっています。そんな中での開発業務がいかなるものか、また、その 開発に携わるエンジニアに求められるものは何か、講演者の実体験に 基づいてお話したいと思います。

前のページに戻る