企業業種紹介講演会平成18年度 報告

本年度は下記の通り、9回実施しました。
聴講対象者:工学部・情報学部1~4年生、院1~2年生
講演時間:9から10時限目(16:05~17:35)

5月18日(木)
佐鳴会館会議室
講師:藤田祐三氏(58E)【中部電力】
題目:電力業界に求められる技術者像
電力会社から総合エネルギーサービス企業へと変化しつつある業界、および電力自由化に伴う電力会社間の競争が展開される中、その変化や大競争時代に求められる技術者像を、これまでの業務経験から解説する。
5月25日(木)
システム棟A11教室
講師:中村清治氏(98E)、蔭山陽洋氏【松下電器産業】
題目:松下電器の概要説明&具体的な仕事紹介
~システムLSIの設計~
前半は松下電器全体の経営戦略等についてご説明いたします。後半は静岡大学OBより実際の担当業務(SDメモリカード用のシステムLSIの仕様設計、RTL設計、検証)について、その仕事内容、必要な技術、面白さ・魅力をご紹介します。
6月8日(木)
佐鳴会館会議室
講師:大宮 功氏(55E)【NTT】
題目:放送と通信の融合
-通信から見た”揺れ動く放送の世界”-
最近のマスコミ報道でよく見かけるキーワードである「放送と通信の融合」について、通信、ネットビジネス、放送の事業環境をベースとした背景を紹介し、その方向性を占うとともに、ビジネスのプロセスとそれを支える知識分野を解説します。
6月15日(木)
佐鳴会館会議室
講師:岡  亨氏(40M)【オムロン】
題目:オムロン株式会社の企業紹介と駅務システム開発
1部:京都のベンチャー企業として創業したオムロンの企業紹介。
2部:講師がオムロンに入社してから経験した駅の自動券売機や自動改札機など駅務システムの開発経緯
6月19日(月)
佐鳴会館会議室
講師:中村正夫氏(39M)【小松建機】
題目:新商品の開発
 コマツは建設機械のメーカーですが、大型プレスなどの産業機械メーカーでもあります。企業というものは常に拡大を目指し、新しい分野への展開を視野に入れているものですが、成功することはまれで、むしろ失敗の連続です。しかし、そこから学ぶことはたくさんあります。そこで、コマツにおけるロボット開発についての成功、失敗の事例についてお話したいと思います。
6月22日(木)
佐鳴会館会議室
講師:山田高史氏(41JM)、兼子保敏氏(41JE)【ヤマハ(元)】
題目:ヤマハの企業紹介およびピアノ&パイプオルガン
イ)ピアノが誕生して300年。1台で2000余の聴衆を魅了させる現代ピアノ。進化ゆえに市場が要求したサイレントピアノ。その開発(12個の発光素子と8個の受光素子駆使した88鍵センサー技術
ロ)楽器の女王「パイプオルガンの内部構造」解説
6月29日(木)
佐鳴会館会議室
講師:河原勝重氏(43F)【ダイキン工業】
題目:ダイキン工業の空調機開発における技術と求められる人材
 ダイキン工業の企業内容、製造・販売製品の紹介、その企業文化と目指す方向性、求める人材の案内を行う。又、講演者の経験を元に、主として空調部門の研究・開発技術者としての望まれる姿を語る。
7月6日(木)
佐鳴会館会議室
講師:遠藤元治氏(49K)、三浦康彦氏(45C)【出光興産】
題目:燃料電池自動車および水素ステーション実証の現状
   -資源環境問題と水素エネルギ-社会-
資源環境問題への対応として水素エネルギー社会が期待されており、燃料電池自動車(FCV)は究極のエコカーとして開発が行われています。FCVの普及には燃料供給インフラの水素ステーションが必要。その実証事業を紹介するとともに、水素社会における石油産業のあり方について考察します。燃料電池自動車、水素ロータリーエンジン車の展示試乗会も開催。
7月13日(木)
佐鳴会館会議室
講師:中村好孝氏(58M)【三菱重工】
題目:航空宇宙機器製造の現状
航空宇宙産業の位置付け、製品例およびその製造技術について概説する。大型,高精度、大規模システム製品製造の特質の理解に重点を置く。また、航空機製造に携わる技術者の業務の一例を経験にもとづいて紹介する。

前のページに戻る