昭和44年卒 卒業50周年記念同窓会報告(2019.11.9)


静岡大学工学部昭和44年卒業生
(及び昭和39年入学生)
卒業50周年記念同窓会報告


  開催日時:2019年11月9日(土)16時~18時30分
    場所:ホテルクラウンパレス浜松
 実行委員長:中村高遠(S)、会計担当:井上尚光(C)
   世話人:鈴木康夫(M)、前田勝利(M)、柳下福蔵(F)、山内良平(F)
       藤江和美(E)、田中 昭(D)、熊岡通明(D)、河合英夫(C)
       生駒修治(S)、土井眞一(K)

       静大祭雰囲気

まえがき
当日は皆様の日頃の行いが良いため小春日和の大変穏やかな天候に恵まれました。校内では門から機械系建物に向かって学生たちの露店が開店され、また、各学科がオープンにして各研究室の展示説明が行われていました。電研の建物もほぼ建て直しが完了しあと1週間くらいで完成というところまできていました。

1.浜名湖ロマンの講演会【ホームカミングデー】
 (NPO法人浜名湖クラブ理事 小林 昇様)
2.同窓会開催(16時~18時半)
  参加人員:M科26名、F科9名、E科22名、D科10名、C科17名、K科4名、S科14名
  今回は幹事一同の発案でまず鈴木世話人の発声で同窓生故人に対する黙とう、開会の挨拶
  中村実行委員長の挨拶その後乾杯で来賓(川田工学部長、末長工業会理事長)の挨拶に
  皆さん一杯機嫌で伺いました。(ここが今回堅苦しくしない同窓会のアイデアです)

3.川田工学部長から工学部の近況のご報告がありました。電子工学研究所棟の建て直し、光創起
  イノベーション研究拠点棟の建物がほぼ完成しました。
  琵琶湖での人力飛行機コンテストで9位、女性がパイロットで静大としては今まで最高飛行
  距離。またテイクオフもきれいに飛び立ちました。ただ途中で左の主翼が折れてしまいました。
  来年はきれいにテイクオフし、かつ飛行距離が伸びることを期待しています。また災害救援の
  ロボット開発のコンテスト予選では1位でしたが決勝では2位だったそうです。また人工衛星
  今年は打ち上げられませんが来年は2機打ち上げが予定されています。また大学院の定員も
  30~40名程増員が認められ340名程になります。また浜松医大と統合もされます。
  2022年に学生が入学をします。今年から光医工学共同専攻(博士課程大学院)の教育の
  仕組みと教育が始まります。
  また末長先生から2022年に静大工学部が100周年を迎えます。静大ブランドのノーベル
  賞級の卓越した研究開発人材創出、博士課程学生の研究・教育支援。ものづくり産業をリード
  する人材育成を目標に約10億円の資金を集める活動を開始しているため皆様のご理解とご協力
  をお願いしたい旨ご報告がありました。

      
        鈴木元機械科教授             中村実行委員長
           
        川田工学部長        末長工業会理事長兼工学部教授

4.懇親会

機械系参加者全体写真

化学系参加者写真

電気系参加者写真


  合計102名と想定よりかなり多く大変盛り上がりのある同窓会になりました。
  次回年齢を考慮して5年後に55年目の同窓会を開催したら?
  いや10年後でいいという意見もありました。
  今回の卒業50周年記念同窓会に参加された方も、されなかった方も、これからの人生有意義に
  お過ごし頂き、健康はくれぐれもご自愛頂きます様、心から祈念させて頂きます。
  これからは人生100年の時代に入ります。今現在から数えると約25年:四半世紀あります。
  自己の人生目標を達成されます様有意義にお過ごしください。

5.中締めとして学生歌を全員で合唱し約2時間半の同窓会が終了しました。


44F 山内良平文責

前のページに戻る