昭和42・43年卒業柔道部OB会報告

日時 平成23年5月20日(金)~21日(土)
出席 13名
5/20(金)高柳記念館~学内視察、懇親会(たか久)
5/21(土)佐鳴湖で駅伝大会応援、浜松支部総会講演会拝聴、
     講師の田嶋さん(柔道部先輩)と面談

1.開催の背景
  東日本地震が有り、E43の西中川君(いわき市在住)にお見舞いメールをした
  ところ、元気なうちに柔道部の連中に会いたいなぁーということなり私(D43
  守屋)が呼びかけしました。
  また、C42の旅行作家桜井(ペンネーム:杜泉新生)さんが地震当日一番震源地に
  近い金華山で旅行中に被災されたが、無事(仙台の住居は損壊ですが、ご家族
  も無事)という事が解り42の先輩も呼びかけしました。
2.準備
  幸いM43の中村君(塑性工学)が工学部特任教員ですので、取り敢えず浜松工
  業会の名簿を元に手紙にて連絡をしました。連絡先(守屋)は電話とE-Mailを
  記載したところ、順次返事(連絡)がきました。返事の中で、「あいつがい
  たよ」と私が忘れていたメンバー数名の連絡が有りました。
  おかげで、同期13人中10人と1年先輩の3人の計13人の参加がありました。
3.参加メンバー(年次は学部卒)
 42 M大賀(静岡県)、C桜井(宮城県)、D岩城(愛知県)
 43 M中村(静岡県)、M村上(静岡県)、E西中川(福島県)、
   E竹中(旧姓大石:兵庫県)、C山本(静岡県)、K松本(静岡県)、
   K山田(愛知県)、D安武(東京都)、D守屋(大阪府)、E越崎
 M坂尾君:仕事で欠席,C積田君は連絡なし,E安川君は連絡漏れ(ごめんなさい)
4.スケジュールと感想
 ●5/20(金)
  14:00中村研究室集合
   何分卒業以来ということなので、顔と名前がなかなか一致しませんでしたね。
   頭の髪の数量・色及び老年太り・ダイエット効果細りでしたが、面影・口調等で
   お互い認識できました。
  14:30~高柳記念館及び構内見学
   TV発祥の歴史を改めて認識しました。また、現在はありませんが、柔道部
   道場跡等構内を、中村先生に案内していただきました。
   「あそこに寮とか池とか高射砲跡とかあったよ」とおおよそ半世紀前のこと
   を昨日のように話すまだまだボケていない元紅顔(現在は厚顔?)のメンバー
   の説明を挟みながらの見学でした。
  16:00~自己紹介(卒業以来43余年の人生紹介)
   それぞれが卒業以来の人生の歩み、家族構成を当初5分の持ち時間で計画しま
   したが、43余年の歴史は語りつくせなくて大幅な時間延長となりました。
   次回開催時(一応2~3年後)は大丈夫でしょう。
   とくに桜井さんからは、写真を見ながら生々しい被災状況の説明がありまし
   た。本当に運が良かったですねと思わずいいました。
  18:00~工学部裏の「たか久」にて懇親会
   個別談義、数人の思い出話等を酒を飲み美味しい料理をつまみながらの時間
   でした。
  21:00~宿舎の佐鳴会館和室にて
   遠方の8名(+中村君)は更に飲みながら交流を深めました。
 ●5/21(土)希望者が参加
  8:40~工学部発のバスにて佐鳴湖駅伝応援(参加では有りません!)
   若干夕べのアルコールの余韻に浸りながら、佐鳴湖に行き、我が子より若い
   学生さんおよび、職員・愛知支部等の昔(20~50年前)の若者の応援をしま
   した。
  12:00~昔懐かしい(?)浜松城公園等をブラブラ
  15:30~M42田嶋さん(尺八直簫流宗家)面談:柔道部の先輩です
   前日は横浜から当日は浜松~翌日はヨーロッパへ演奏とかで忙しく活動され
   ています。浜松支部幹事の村上君に段取りしていただきました。
  16:15~浜松工業会浜松支部で田嶋さんの「エンジニアから精神世界へ―尺八
      の魅力―」拝聴
   田嶋さんの尺八の演奏、特に最初の3曲(東日本大震災に被災された方を思っ
   て演奏された曲)、身震いするほどの感動を受けました。
   田嶋さんは、外国に行っても何もしゃべらずにいきなり何時も演奏すると
   言っていましたが、音楽と言うもののすばらしさを教えてくれました。


(幹事D43守屋記)

↑懇親会集合

↑懇親会集合

↑佐鳴湖にて

↑佐鳴湖にて

↑講師 田嶋さんと

↑講師 田嶋さんと

前のページに戻る