工学部発信のメールマガジン31号が工学部ホームページに公開されました。
メールマガジンには工学部の近況が掲載されています。


【工学部メールマガジン第31号(2020年10月配信)】

今回は文部科学大臣表彰における科学技術賞(研究部門)の受賞に寄せて、電子物質科学教授の小野行徳先生の特別寄稿が掲載されています。その他、工学部のNews & Topicsや工学部の研究紹介なども掲載されています。


興味のある方は、下記のアドレスからご覧下さい。
https://www.eng.shizuoka.ac.jp/outline/magazines/


 

※工学部からのメール配信を希望される方は、下記のアドレスからご登録出来ます。
  http://dd.ipc.shizuoka.ac.jp/eng/index.html


(2020年10月8日掲載記事)

静岡大学ホームページの「同窓生によるリレーエッセイ」コーナーに工学部卒業生のエッセイが
4月14日に掲載されました。


  第135回は、工学部卒業生 池田 武さん(47F卒)のエッセイ
  「私と茶道」 が掲載されております。 是非みなさんご覧ください。

  エッセイはこちらからご覧になれます。 
  ⇒ 静大ホームページ http://www.shizuoka.ac.jp/essay/n135.html


 ※静岡大学のホームページに、『同窓生によるリレーエッセイ』というコーナーがあります。
  静岡大学の各学部同窓会から同窓生が順番にエッセイを投稿しています。

(2020年4月14日掲載記事)

機械工学科教授 末長 修先生が本年度末で定年を迎えられます.
つきましては、3/16(月)工学部5号館(旧システム棟)にて最終講義が開催されます。


【2月28日追記】
現在の新型コロナウィルスの状況において、工学部長と執行部理事との間で「現時点での最終講義開催は望ましくない」ということになりました。このため、末長先生の最終講義は中止となりました。


末長修教授最終講義のご案内

    本年3月末日をもって静岡大学を定年退職される末長修教授の最終講義を下記の日時に
   開催させていただきます。
    また、講義終了後、5号館第1会議室(3階)にて末長先生を囲む会を開催します。
   皆様の御参加をお待ちしております。

   日 時  2020年3月16日(月)13:00-14:00
   会 場  5号館21教室
   題 目  静岡大学での47年を振り返って

  末長先生を囲む会
   講義終了後~16時頃
   会費 一般 1000円、学生 500円

   発起人・実行委員
    海老澤嘉伸(代表)、浅井秀樹、林康久、生源寺類、福元清剛、近藤淳

(2020年2月20日掲載記事)

機械工学系列教授 廣本宣久先生が本年度末で定年を迎えられます.
つきましては、3/6(金)共通講義棟にて最終講義が開催されます。

【3月26日追記】
新型コロナウイルス感染防止対策に伴い、機械工学科 廣本宣久教授の最終講義は再延期されました。 開催日程は改めてご案内いたします。
【3月6日追記】
新型コロナウイルス感染防止対策に伴い、3月6日(金)開催予定の廣本宣久教授の最終講義は、
3月25日(水)へ延期して創造科学技術大学院棟で開催されることとなりました。

廣本宣久先生 最終講義

日時 2020年3月25日(水)14:00-16:30
場所 創造科学技術大学院棟2階会議室
次第 14:00-14:30 開会挨拶、祝辞、経歴紹介
   14:30-16:00 最終講義 題目:「科学の考え方と日本の心で生きる」
   16:00-16:30 集合写真、閉会挨拶

—————————————————————
廣本宣久先生 最終講義

日  時  2020年3月6日(金) 14時00分~16時30分
場  所  共通講義棟31教室
講演題目  「科学の考え方と日本の心で生きる」

[原文URLへ]

(2020年2月17日掲載記事)

化学バイオ工学系列教授 田坂 茂先生が本年度末で定年を迎えられます.
つきましては、3/6(金)佐鳴会館会議室にて最終講義が開催されます。

【3月2日追記】
新型コロナウイルス感染防止対策に伴い、田坂 茂教授の最終講義の開催は延期となりました。


田坂 茂先生 最終講義

日  時  2020年3月6日(金) 14時30分~
場  所  佐鳴会館会議室
講演題目  「巨大分子の壁を観る」

[原文URLへ]

(2020年2月17日掲載記事)

数理システム工学系列教授 吉村 仁先生が本年度末で定年を迎えられます.
つきましては、2/28(金)工学部5号館(旧システム棟)にて最終講義が開催されます。

吉村 仁先生 最終講義

日  時  2020年2月28日(金) 16時00分~17時30分
場  所  工学部5号館5-11教室
講演題目  「不確定性との戦い:生物進化と人間行動」

[原文URLへ]

(2020年2月17日掲載記事)

イベント制作サークルPMBOK主催の「第20回国際クリスマス・パーティ」が12/7(土)佐鳴会館にて開催されます。


第20回国際クリスマス・パーティのお知らせ
【GST コミュニケーション・プロジェクト】
presented byイベント制作サークルPMBOK


【日時】12月7日(土) 15:00~19:00
【場所】静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館
【企画内容(仮)】 
 ・大道芸
 ・JazzPhenomena
 ・静岡大学OBによるJazzバンドの演奏
 ・プロの歌手であるエリザベスさんによるパフォーマンス
 ・サンタクロースも見えること
 ・ミステリーイベント など


問い合わせ:su.pmbokclub@gmail.com


(2019年11月12日掲載記事)

静岡大学ホームページの「同窓生によるリレーエッセイ」コーナーに工学部卒業生のエッセイが
10月28日に掲載されました。


  第130回は、工学部卒業生 藤田幸宏さん(54E卒)のエッセイ
  「山の神の文句もおいしい酒のつまみです」
  が掲載されております。 是非みなさんご覧ください。

  エッセイはこちらからご覧になれます。 
  ⇒ 静大ホームページ http://www.shizuoka.ac.jp/essay/n130.html


 ※静岡大学のホームページに、『同窓生によるリレーエッセイ』というコーナーがあります。
  静岡大学の各学部同窓会から同窓生が順番にエッセイを投稿しています。

(2019年10月28日掲載記事)

工学部発信のメールマガジン29号が工学部ホームページに公開されました。
メールマガジンには工学部の近況が掲載されています。


【工学部メールマガジン第29号(2019年10月配信)】

今回は修士課程における「医工学プログラム」がスタートしたことについて、川田工学部長の特別寄稿が掲載されています。その他、工学部のNews & Topicsや工学部の研究紹介なども掲載されています。


興味のある方は、下記のアドレスからご覧下さい。
http://www.eng.shizuoka.ac.jp/outline/magazines/


 

※工学部からのメール配信を希望される方は、下記のアドレスからご登録出来ます。
  http://dd.ipc.shizuoka.ac.jp/eng/index.html


(2019年10月9日掲載記事)

静岡大学・中日新聞連携講座2019「静岡大学が拓く新たな地平」が2019年10月~2020年1月(全5回)静大浜松キャンパス内で開催されます。参加無料、申込みが必要です。


静岡大学・中日新聞連携講座2019
「静岡大学が拓く新たな地平」

今年度の静岡大学・中日新聞連携講座は、静岡大学創立70周年記念として、
様々な領域にわたる静岡大学のチャレンジを紹介します。


■日時/2019年10月1日(火)~ 2020年1月21日(火)
■会場/静岡大学浜松キャンパス附属図書館浜松分館(S-Port)3階大会議室
■プログラム/
【第1回】10月1日(火)18:00~19:30
 『素数ゼミの謎~進化物語の科学~』
  講師:吉村 仁(工学部教授)
  概要:17年または13年に一度の周期で大発生する素数ゼミ(周期ゼミ)と呼ばれるユニーク
     なセミをご存知ですか?長年の生物学者の謎、その進化史を科学的思考と数理モデル
     から明らかにします。またセミ採りの必殺技も公開します。
【第2回】10月29日(火)18:00~19:30
 『浜松発!情報科学的二輪車研究&センチメートル級!
   高精度衛星測位研究開発都市プロジェクト』
  講師:木谷 友哉(情報学部准教授)
  概要:自動車は世界で年間8000万台生産されていますが、オートバイも年間6000万台も生産
     されているんです。そんな浜松が世界に誇る工業製品であるバイクの研究と、次世代の
     衛星測位技術を使って誰もがセンチメートルレベルで自分の位置をリアルタイムで把握
     できる世界の実現についての研究を行っています。
【第3回】11月12日(火)18:00~19:30
 『リスクをどう教えるか~SNSのリスクから子どもを守る』
  講師:塩田 真吾(教育学部准教授)
  概要:わたしたちの周りには様々なリスクがあります。特に、子どもたちの周りには、交通事
     故、SNSでの炎上など様々なトラブルにつながるリスクが溢れています。本講座では、
    「SNSのリスク」をテーマに、リスクをどのように教えていくかを紹介します。
【第4回】12月10日(火)18:00~19:30
 『目に見えないものを加工する~ナノスケールに挑む顕微鏡技術』
  講師:岩田 太(工学部教授)
  概要:微小な世界を見るだけでなく、触ってみたい。動かしたり、加工したりしてみたい。
     本講座では私たちの研究室で取り組んでいる微小世界でのモノづくり技術に関する顕微
     鏡開発“ナクラフトテクノロジー”についていくつかの取り組みを紹介します。
【第5回】2020年1月21日(火)18:00~19:30
 『電気計測標準について(量子標準の基礎)』
  講師:小野 行徳(工学部教授)
  概要:「計測」することは、全ての科学技術の基礎であり、そのための「ものさし」(基準)
     は、「標準」と呼ばれています。昨年、重さ(キログラム)の標準が改定され話題にな
     りました。本講演では、標準の重要性と今回の標準の改定についてお話するとともに、
     私たちの行っている研究との関連についても触れたいと思います。

■受講料/無料
■定員/各回100名(申込先着順)
■お申し込み/下記のいずれかの方法でお申込みください。
      [メール] kaiho*suml.cii.shizuoka.ac.jp(*を@に変えてください)
      [FAX] 054-238-4295
      [葉 書] 〒422-8529 静岡市駿河区大谷836
           静岡大学地域創造教育センター 連携講座係宛
  ※いずれの場合も氏名(ふりがな)、住所、年齢、電話番号、講座名、参加される回を
   明記してください。

■問い合わせ/
 静岡大学地域創造教育センター 地域人材育成・プロジェクト部門
 TEL 054-238-4817[平日9:30~16:00]
 メール: kaiho*suml.cii.shizuoka.ac.jp(*を@に変えてください)

詳細はこちらをご覧ください。⇒ [原文URLへ]


(2019年9月12日掲載記事)