静岡大学浜松キャンパス100周年記念事業へのご支援のお願い

静岡大学浜松キャンパス
100周年記念事業へのご支援のお願い



ごあいさつ

 静岡大学は「自由啓発・未来創成」の理念を掲げ、未来を切り開く人材の育成と研究を推進しています。1922年に静岡大学工学部の前身である浜松高等工業学校の設立が公布され、その後、1944年に浜松工業専門学校に改称、1949年に新制静岡大学工学部設立、1995年に情報学部設立、そして、2022年には設立100周年を迎えることになり ます。
 本事業は下記記載の、100周年記念事業骨子の実現により、静岡大学浜松キャンパスにおいて世界をリードするイノベーションを創出するとともにダイバーシティに富んだ教育・研究・社会連携を展開することをめざしており、持続可能な社会や企業活動の活性化に資する成果に繫がるものと確信しています。
 ぜひ本事業にご賛同くださり、募金へのご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2018年4月

静岡大学浜松キャンパス100周年記念事業
事業推進委員会 会 長 石井 潔 (静岡大学長)
事業推進後援会 会 長 草間三郎 (元 セイコーエプソン株式会社代表取締役社長)
事業実行委員会 委員長 川田善正 (静岡大学工学部長)

概要

1.名称
静岡大学浜松キャンパス100周年記念事業
2.趣旨
ノーベル賞級の世界的レベルの研究を推進するとともに、深い専門性と周辺分野の幅広い知識を併せもつ高度専門人材を育成し、国内外・地域の産業界・学界へものづくり産業をリードする人材を輩出する。
3.寄附金目標金額
10億円
4.組織
静岡大学浜松キャンパス100周年記念事業推進委員会
 会   長:石井  潔(学長)
 実行委員長:川田 善正(工学部長)
事業推進後援会
 会   長:草間 三郎 (元 セイコーエプソン株式会社代表取締役社長)
 副 会 長:柴田  久 (株式会社静岡銀行 代表取締役頭取)
       晝馬  明 (浜松ホトニクス株式会社 代表取締役社長)
       藤井 茂樹 (ヤマハ株式会社 執行役)
       本田  治 (スズキ株式会社 取締役技監)
       御室健一郎 (浜松いわた信用金庫 理事長)
       柳  弘之 (ヤマハ発動機株式会社 代表取締役会長)
       有國三知男 (スルガ銀行株式会社 代表取締役社長)
       浜松工業会 (静岡大学浜松キャンパス同窓会)歴代会長
5.寄附金募集対象
静岡大学教職員、浜松工業会会員、在学生保護者、企業・団体、一般市民
6.期間
2018年4月~2023年3月

静岡大学浜松キャンパス100周年記念事業骨子

●ノーベル賞級の卓越した研究開発人材創出事業
ノーベル賞級(高柳健次郎2世)の卓越した研究開発人材創出のため、静岡大学内の研究者を支援します。国内外からノーベル賞級の研究者を招聘し、研究拠点を形成します。
●博士課程学生の研究・教育支援
画期的な研究成果創出のため、将来性の高い博士課程学生の教育研究活動を支援し、世界に誇る静大ブランドの研究者を育成します。
●ものづくり産業をリードする人材育成
産業イノベーションプログラム等による「ものづくり産業」をリードする人材を支援します。知(地)の拠点として地域ものづくり企業の人材を育成します。
●出版事業
静岡大学浜松キャンパス変遷の歴史と将来を展望した100周年記念誌を発行します。

ご厚意への感謝として

謝意の表明

 当記念事業寄附者のご芳名を静岡大学広報誌や静岡大学ウェブページに掲載し、同広報誌を送付(1回の寄附につき原則2回)させていただきます。また、寄附金の累積額に応じて、以下の特典をご用意しております。

ご寄附に対する税法上の優遇措置

◎個人の場合
 《所得税控除》
所得控除を受けることができます。控除については、最寄の税務署にお問い合わせください。
 《住民税控除》
お住まいの地域によって、寄附金控除を受けることができます。
控除については、各自治体の税務の窓口にお問い合わせください。
寄附金控除を受けるための手続きについて
  • 寄附金控除を受けるためには、所轄の税務署へ所得税の確定申告書と併せて、静岡大学から送付する「寄附金領収書兼受領証明書」を提出してください。この場合、住民税の申告は不要です。
  • 所得税の確定申告を行わない給与所得者又は年金所得者で、住民税の寄附金税額控除の適用のみを受けようとする場合は、「道府県税・市町村民税 寄附金税額控除申請書」に必要事項を記入の上、寄附金を支払った年の翌年の1月1日現在お住まいの市町村へ申告してください。ただし、この場合は所得税の控除は受けられませんのでご注意ください。
  • ※詳細はこちらをご覧ください。⇒ [静大未来創成基金の税制上の優遇措置]


◎法人・団体の場合
寄附金の全額が損金算入できます。

募集期間

  2023年3月末日までといたします。

寄附の目標金額

 「10億円」を目標金額といたします。
 趣旨にご賛同いただける皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

ご協力をお願いする金額

  ご寄附は1,000円以上でお願い申し上げます。

ご寄附の方法

金融機関からのお振込

 郵便局、ゆうちょ銀行又は三井住友銀行からのお振込専用の「振込取扱票」によりお振込をお願い申し上げます。なお、振込手数料は必要ございません。
 専用の振込用紙は下記問合せ先の浜松キャンパス事務部浜松総務課(053-478-1001)までご請求ください。

(注)専用の「振込取扱票」によりお振込いただかない場合は、所得税等控除に必要な領収書及び謝意(特典)をお届けできなくなります。

クレジットカードによるお振込

 静岡大学未来創成基金のウェブページにおける「寄附のお申し込み」からクレジット決済を利用することができます。
https://wwp.shizuoka.ac.jp/fund/

 ウェブページへのデータ入力の際に、「寄附の目的」欄では「目的を選択したい」をクリックし、「浜松キャンパス100周年記念事業基金」をお選びください。
領収書は各カード会社から静岡大学への入金が確認された後に、送付させていただきます。そのため、お礼状及び領収書の発行までに、お申込み受付から約3~4カ月程度お時間がかかりますので、あらかじめご了承ください。

※ご利用のクレジットカードにより異なりますが、引き落としの時期によっては、領収書に記載する発行日及び送付が翌年となる恐れがあります。(お申込み年内での寄附金控除をご希望の場合は、郵便局からのお振込をご利用ください。)

ご留意いただきたいこと

  1. 寄附のお申し出の際の使途に関するご要望は尊重させていただきますが、当基金の使途は、静岡大学100周年記念事業特定基金に関する要項において、同運営委員会で決定することとなっておりますので、あらかじめご了承ください。
  2. 寄附のお申し出が、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力又は団体の影響を受けている場合には、寄附をお断りし、その申し出者の費用で返金させていただきますので、あらかじめご了承ください。

  3. お問い合わせ先

    静岡大学浜松キャンパス事務部浜松総務課
    〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1
    TEL.053-478-1001 FAX.053-478-1005
    Email: 100shunen@adb.shizuoka.ac.jp
    URL: https://wwp.shizuoka.ac.jp/hamacam100/

    (2019年6月更新)